靴店マップ > 靴に関する記事・ブログ

 さちこ

おしゃれな靴で気分転換

おしゃれな靴で気分転換

皆さんは靴を買うとき、デザインを重視しますか。それとも、価格を重視しますか。私は低価格で、さらに、今自分が持っている服に合っているものを必死で探します。
一流ブランドの靴が素敵で良いのかもしれませんが、ファッション雑誌に掲載されているようなブランドの靴は1万円程度するように思います。

毎日履いて履いて履きまくって、最後には履きつぶす靴に1万円は払えないのが我が家の経済事情です。私は数千円と安く、デザインもそれなりのものを買うようにしています。

そんな私の好きな靴はハイヒールです。別に足が細くて綺麗で、ハイヒールを履くとより見栄えがする足の持ち主というわけではありません。ただ、ハイヒールを履くと少しだけ贅沢な気分が味わえて、今日は休日だぞという実感を持つことができるのです。
歩きにくいし、つま先が痛くなりはするのですが、それでも私はハイヒールを履くのが大好きです。ただ、私は歩き方がかなり雑なのか、踵がすぐに擦り減ってしまいます。また、踵の表面を削ってしまいます。だから一流ブランドで価格の高いハイヒールなんて、とてもとても買えません。

そんな私がよく行くシューズショップは、全国チェーン展開しているABCマートかシューズ問屋のようなところです。オシャレなデザインや可愛いデザインのハイヒールがたくさん取り扱われていて、安いものなら2000円以下で買えます。そんなに毎日履くものでもないし、安くても良いかなあと思って買って履いています。

そして、次に好きなのがパンプスです。踵はハイヒールほど高くはありませんが、それでも少しだけハイヒール気分を味わうことができます。
さらに、パンプスのメリットは、ハイヒールほどつま先が痛くならない!体重が足裏に丁度良く分散されるのか、パンプスはハイヒールを履いた時ほど足も疲れません。だから、長時間歩くときはパンプスを履きます。

ただし、誰かの車に乗せてもらってお出かけというときは、ハイヒール。車移動ですからそれほど歩きませんからね。女友達とショッピングをしたり街をぶらぶらするときはパンプスです。とにかく歩きますからね。

シューズでも良いかなと思うほどに歩くのですが、オシャレして身につけたタイトスカートに残念ながらシューズは合いません。ネックレスをして、ネイルもして、足元がシューズでは泣けてきます。ふんわり巻き髪ヘアスタイルにシューズも避けたいところです。踵の低いパンプスを履いてウィンドウショッピングをしたり、グルメを楽しんだり、友人との休日はそんな感じです。


そんな私が毎日のようによく履く靴はというと、それは運動靴。シューズなんてオシャレなものではなく、中学生の子たちが通学で履いているような運動靴です。なぜなら、私の仕事が動き回る仕事だから。
ジーンズにシャツを身につけ、その上から支給されたエプロンを付け、ほとんど座ることなく立ち続けたり、歩き回ったりしています。運動不足なんてどこ吹く風です。

そして運動靴だけは、パンプスやハイヒールには2000円程度しか支払わない私も5000円から1万円払います。何しろ動き回る仕事なので、靴が安くて質が悪いものだと、膝を痛めてしまうからです。腰にも良くありません。
だから、どうしても運動靴には多少、お金をかけてしまいます。私が毎日履いている運動靴は、一流スポーツメーカーから出ているものです。
デザインはというと、う~ん、今一歩。まあ、運動靴ですからね。それに、あれだけ動き回っていたら、誰も私の足元を観察できる状態ではないでしょう。

だからなのでしょうか。休日はハイヒールやパンプスを履いて、普段とは違う気分に浸りたくなるのです。私の休日はハイヒールやパンプスが欠かせません。
普段とは違う靴を履いて、普段は身につけないスカートを身につけ、ネイルもネックレスも巻き髪もしっかりと整えると、それだけで気分転換になります。

ただ、ハイヒールやパンプスを履くと、つま先が痛くなるのですが、更に問題なのが足の豆。足先が痛くなってきたなあと思ってトイレで足を見てみると、小指のところに豆が出来ていることがほとんどです。しかも、豆の中には水がある…。

このトラブルへの対処方法ですが、私は足が痛くなったら靴が当たっている部分に絆創膏を貼ります。豆が出来ていなくても、痛いと思ったら貼ってしまうのです。すると豆になる一歩前の状態で、なんとか足が持ち堪えてくれます
踵の部分も靴が当たると皮膚が擦り切れて、場合によっては血が滲んでしまうことがあります。これも絆創膏で対処。小指の豆同様に、肌が靴に当たっている部分に、そこに異常がなくても痛いと感じたら即、絆創膏を貼ってしまいます。


私にとってのシューズファッションは、ずばりメリハリ。
普段の仕事は動きやすく、足や体に負担が少ない運動靴。そして休日はオシャレな靴を履いてを楽しんでます。
靴は履きやすいのが一番ですが、時には少し無理をしてファッション重視で楽しんでみるのも気分転換できていいですよ。

地域や最寄り駅、店舗名などのキーワードで靴屋を検索

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方
九州・沖縄

靴に関する記事・ブログ

靴に関する記事や、靴屋を実際に利用した体験談、お店の特長、靴のファッションなど、靴についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら