靴店マップ > 靴に関する記事・ブログ

 はちたまご

元販売員が教える、靴のミニマリストになるための基本の4足

元販売員が教える、靴のミニマリストになるための基本の4足

ミニマリストとは、最小限のものでシンプルな生活をする人のことです。
無駄なものを一切持たないミニマムな生活は誰もがあこがれると思いますが、なかなか難しいですよね。特に増えてしまいがちなのは、服飾雑貨ではないでしょうか。

服やアクセサリーは、少し増えてもあまり場所を取るものではありませんが、靴は小さくたたむことはできませんし、収納も限られています。でも女性にとって、おしゃれな靴は必須アイテム。
そこで、最低限これだけ持っておけばマルチに対応できる、神シューズをご紹介します!

① アッパーが黒、ソールが白のスニーカー

まず、スニーカー類の歩きやすい靴はマストです。自分の足に合っていて履きやすいものが1足あればいいのですが、今はスニーカーコーデも流行りなので、なるべくおしゃれで、いろいろなコーディネートに合わせられるものがいいですよね。
そこでおすすめなのが、足の上部を覆うアッパーが黒地で、靴底(ソール)が白のものです。黒は定番の何にでも合わせられる色。ですが、黒一色だと重厚感が出てしまいます。そこで、ソールが白というのがポイントなのです。
夏は、白のソールが爽やかなので重たくならず、ノースリーブの服にもマッチします。
冬は、暗い色が多い冬服にマッチしつつも、ソールの白が足元をふわっと軽くしてくれ、垢抜けたコーディネートになります。スニーカーを1足に絞るなら、断然白ソールの黒スニーカーです。


② 甲浅、太めヒールのシンプルな黒パンプス

何かと必要な黒パンプスですが、手入れさえ行き届いていればオンとオフで分ける必要はありません。おしゃれに履けるよう足が華奢に見える甲が浅めのもので、ヒールは足場が悪いところでも歩きやすい太めのヒールのものを選びましょう。
出番の多い黒パンプスは、少々お値段が張ってもなるべく良いものを持っておくのがおすすめです。また、自分の足に合ったものをきちんと選びましょう。ここは妥協してはいけません。


③ パンプスを明るい色でもう1足

パンプスを普段よく履く人は、明るい色のパンプスも持っておきましょう。服がシックな色でまとまっている時、足元に明るい色を持ってくるとあか抜けるので、コーディネートの幅が広がります。
ビジネスシーンでも使いやすい清潔感のある色を持っておくことで、黒パンプスだけを酷使することもなくなります。色は、肌なじみが良く足がきれいに見えるベージュか、女度が上がる色とも言われる上品なライトグレーが、オールシーズン使いやすくておすすめです。


④ 赤、またはシルバーのシューズ

おしゃれが好きな人は、コーディネートのポイントになる靴も欲しいでしょう。そこでおすすめの色が、赤とシルバーです。
どんな服にも合わせたいけどインパクトも欲しい、そんな時抜群に使いやすいのがシルバーです。ゴールドよりもギラギラせず色味がないので、お洋服の邪魔をすることなくポイントになってくれます。
色物の服をあまり着ない人は、赤もおすすめです。定番色の黒・グレー・白はもちろん、ベージュや人気のカーキなどのアースカラーに必ずマッチします。季節は問わず、流行にも左右されにくい色なので、怖いものなしです!
私は赤のフラットパンプスとシルバーのスニーカーを愛用しています。派手と思われがちな色ですが、足元なので意外と抵抗なく履けて、コーディネートの幅がぐっと広がります!ぜひ試してみてくださいね。

この4足だけでも十分なのですが、季節ものの靴も欲しいところですよね。夏のサンダルと冬のブーツを1足に厳選するなら、こちらがおすすめです。

黒のウェッジソールサンダル
色はオールマイティな黒で、サンダルは足の支えが少なく負担が大きいため、歩きやすいウェッジソールのものがおすすめです。夏はほとんどサンダルという方は、パンプス同様明るい色と2足持っておきましょう。
手持ちのサンダルに飽きたら、新しいものを買う前に一度、足指の手入れを見直してみてください。
きちんと保湿して肌をきれいにしておくだけでサンダルがランクアップして見えますし、ペディキュアを縫りなおせば華やかになり、飽きてしまったサンダルも新鮮な印象に生まれ変わります。

ブラウン系のショートブーツ
冬のブーツは断然ブラウン系がおすすめです!冬は服やコートがシックな色になるので、冬服でも浮かずに少し軽さの出るブラウンやキャメルが、使いやすくおしゃれ度もアップさせてくれるのです。パンツもスカートも両方よく履く方は、どんな丈のボトムでも使いやすいショートブーツがおすすめです。

これだけで靴に困らないだけでなく、なおかつおしゃれもちゃんと楽しめます。これならワンルームの小さな下駄箱にもきちんとおさまりますね。最低限の靴しか持たなければ、1足にかけられるお金が増え、より足に合った良い靴を履くこともできます。
靴の良し悪しは健康に直結しますので良いことばかり!まずは靴から、ミニマリスト目指してみませんか。

靴に関する記事・ブログ

靴に関する記事や、靴屋を実際に利用した体験談、お店の特長、靴のファッションなど、靴についての投稿を募集しております。
会員登録等は一切不要で、どなたでもご自由に投稿ができます。
投稿はこちら

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方
九州・沖縄