アディダス スーパースター 80’s G61070 白/黒 12,096

アディダス スーパースター 80's G61070 白/黒

スーパースター80'Sの白×黒

私は、週に2~3日は白黒のみのモノトーンスタイルで歩いております。そこで、その時に使えるスニーカーを探しておりました。真っ先に候補に挙がったのは、既に「流行すぎている」感もある白×黒のスーパースター・・。

しかし、久しぶりに(90年代によく履いていました)足を通してみると、やはり良いスニーカーだと思います。シンプルですが、VANSやCONVERSEのスニーカーほどプレーンな感じではない。かといって、NIKEのハイテク系スニーカーほどそれ自体がポイントになるわけでもない。
特徴的なシェルトゥ。そして、白レザーに浮かび上がる黒の3本ライン。考えていた通り、白黒のみのモノトーンスタイルにうってつけのスニーカーでした。また、ノーマルのスーパースターは現在8000円もあれば買えるのですが、この80’Sモデルは約12000円と若干高めの価格設定。

何故これを選んだのかというと、実は私はソールが真っ白なスニーカーが好きではありません。しかも3本線以外が“真っ白”ということになると、アスファルトの上に(あくまでも主観ですが)不自然な明るい“白”が浮かび上がる気がして、あまり自分の好みには合わないのです。

そこで、この80年代モデルのスーパースターを選ぶ必要性がありました。このスニーカーは、少し履きこまれたような感じでトゥとソールが黄ばんでおり、これが大きな特徴となっております。
ソールが少し黄ばんでいると、スニーカーだけが“真っ白”に浮かび上がる感じが和らぎ、コーディネートに自然さが生まれるのです。

これは実際にコーディネートとして合わせてみれば分かることで、そういった理由からノーマルのスーパースターに数千円上乗せしても80年代モデルを入手して良かったと思っております。
また、スニーカー選びの際に気をつけているのがサイズ感。私は27cmがぴったりのジャストですが、もう少し(見た目の)大きさが欲しい場合は、1cm~1.5cmアップして選ぶことにしております。

今回は、28.5cmを入手。靴紐を絞って履けば、ゆる過ぎずキツ過ぎずの絶妙な履き心地ですね。
「これは良い」と、即戦力として週に何度か履いております。

掲載内容について
こちらの投稿は、実際に商品を使用したお客様の声を掲載しています。あくまでも個人の感想であり、実際の商品と内容や使用感など異なる場合もございますので、予めご了承ください。
また、販売価格など商品情報の変更や売切れの場合もございます。最新情報については販売サイトにてご確認下さい。

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。


コメントは管理者が確認後に掲載します。内容により掲載されない場合もございますので、予めご了承ください。

ブランドや商品名などのキーワードで検索

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方
九州・沖縄