プーマ スウェード クラシック+ 10,000

プーマ スウェード クラシック+

PUMAスウェードにまた新鮮味を感じて

手持ちのスニーカーに食傷してきたところ、思い出したように欲しくなったスニーカーがPUMAのスウェード。90年代に履いていた(ほぼ)そのままの姿がカッコいいです。
色は黒×白と一番シンプル&クラシカルなモデルで、スウェードの素材感が一番よく伝わるのがこれですね。「PUMA」の金文字や流線型のラインが、また新鮮さを伴って私の購買意欲をかきたててくれました。

addidasやconverseもいいのですが、PUMAスウェードにはそれらでは代替できない良さがあるのは事実です。adidasではカジュアルすぎる、converseではシンプルすぎる、そんな時に威力を発揮してくれるこのスニーカー。

これを少し太めのデニムパンツやチノパンに合わせ、小物を足すだけで、すっとこなれて見える。服を選びなれているように見える。クラシカルな顔をして、実に頼もしいスニーカーです。

足を通してみると、つま先へ向かって細くなっていく形が、少し太めのパンツとベストマッチ。これが90年代ストリート的な今の気分と本当によく合いますし、キレイめスタイルでもそれを崩す(程好いカジュアル感を足す)のに役立ちます。
スウェードの質感も良く、履き込んでシワがついてくると更に存在感が増して、クラシカルさ=シブさに貫禄が。

秋冬へ向かって、このスウェード素材のスニーカーをどうやって履きたおしていくのか・・そんな考えに興じてみるのも楽しさがありますね。
秋冬は、コーチジャケット+パーカー+少し太めのパンツ、なんてコテコテの90年代ストリートスタイルでも、足元がPUMAスウェードなら一癖ありそうに見えるかもしれません。

黒のM-65あたりとモノトーンで合わせても意外とすんなり馴染むかも・・とか。サイズは28.5cmを当時と変わらず選び(1~1.5cm大きめのスニーカーを、靴紐を絞って履くのが自分にとってのベストです)、少し大きめのスニーカーが際立つように。

お気に入りのスニーカーはまだ他にもありますが、PUMAスウェードの代わりができるスニーカーは今のところ他にはありません。

掲載内容について
こちらの投稿は、実際に商品を使用したお客様の声を掲載しています。あくまでも個人の感想であり、実際の商品と内容や使用感など異なる場合もございますので、予めご了承ください。
また、販売価格など商品情報の変更や売切れの場合もございます。最新情報については販売サイトにてご確認下さい。

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。


コメントは管理者が確認後に掲載します。内容により掲載されない場合もございますので、予めご了承ください。

ブランドや商品名などのキーワードで検索

北海道・東北
関東地方
東海地方
近畿地方
九州・沖縄